愛されるではなく愛する

女性向けの本のタイトルには 愛される○○ って言うのが多いですよね。

実際、愛されているかな? って正直疑問です。

愛される前に愛することができない人は、愛されることはないです。

人を大事にできる人は、大事にされたときその価値がわかりますが、人を大事にできない人は、価値がわかりません。

そんなに難しいことではないですが、先に自分ができるようになると、愛されているときにすごくわかります。

求めるだけじゃなくて、最初に与えましょうってことです。

与えるためには自分で愛がわかってないと無理ですね。

愛をわかるためには、親とかつきあっている人に、軽くもらうといいです。

愛せないと、愛されないって書いていますが、自分が認める認めないに関わらず、あなたは愛されているんですよね。

わからない人は、受け取り損ねたか、忘れちゃったか。