愛がわからないから

ハートのラテ

photo credit: Ahmed Rabea via photopin cc

管理人です。

愛がわからないと、何を求めるかわからなくなります。

そうすると、頭で考えた幸せに執着して、ステイタスや現物に固執します。

大事にされることに執着する人もいます。

ですが、自分中心の要求を相手はどう思うでしょうか?

あなたが自己中の人にあれこれ求められたらどうなりますか?

ある程度まで我慢して爆発するのがオチです。

人を愛するときは、相手を認めることになりますから、時として自分の思いと外れます。
外れたときに、それを飲み込む精神力が必要です。

それは相手にとって最善の選択になるからです。もちろん、犯罪や人の道に外れるときは文句を言ってもいいですが、そうでない場合は応援のポジションです。

側にいたくても送り出すときがあるでしょう。

そう言った精神力が必要になることが、愛は多々あります。

自己中に相手の行動を求めれば破綻が近いでしょう。

お互いの成長のために、愛の行動をすれば二人は関係は昇華するでしょう。

何かの形を得ることからはじめるのではなく、自分の在り方から変えていきます。

Have Do Be ではなく、Be Do Have です。

自分の在り方が、決めてくれます。

タグ:

コメントを残す