愛されているということ

揺るがない意志、自信で愛されていると身動きが取れなくなる。

苦しいわけじゃなくて、それに応えたくなる。

偽りや、利己的な愛でなく、私はここにいますよって表現してくる。

不器用でも、受け取れる人は受け取れるんだよね。

そして感化されていく。

感化された人は、それを実行する。

利己的な愛の実践ではたどり着けない。

過去に何人かの女性でそれを体験している。

そして、それには、より強い愛がある。

あなたの愛を強くするのは信じること。

相手に信じてもらうこと。

そのために、まず自分を信頼すること。

そして、わかりやすくする。意地を張らない、嘘をつかない。

表現と心を一致させて、最大のパワーに変えていく。

嘘つきの愛は偽りで、自分を分かって欲しいのは利己的。

ID 100112046

それは弱い。

人は全力でがんばっても、ちょっと休めばパワーが戻ってくる。

信頼されればパワーは増す。

愛されれば倍加する。

人を愛するようになると自然と出てくる感覚。

相手を便利に使っているときは自分も便利に使われる。

自分のために相手を止めておきたいなら、止められない。

愛されているのを感じたら応じればいい。

相手が本気かどうかは自分の中を観察すれば、答えが出る。

そう、恋愛は自分が決めている。

タグ:

コメントを残す