こころの壁がすべてを閉ざしていく

ID 100152392

管理人です。

こころの壁って年齢を重ねると厚くなっていきます。

このこころの壁が、大きく立ちはだかっていると、なかなか行動ができません。

現状を変えようと思っても、めんどくさいとか、無理だとか、意味がないとか。

ほとんど良いわけですが、それをいうことで身体は動きを止め、未来は閉ざされていきます。

簡単な方法は身体を動かすことなので、何かの習い事やサークルに行くと動き始めることはあります。

人間関係が苦手でも、友達と山歩きをしたりして、気分を変えることはできます。

可能なら、楽しい自分、喜んでいる自分の時間を大きくすることで、不可能なことが可能に思えたりしていきます。

そういう気持ちの変化が年齢とともに失われてきて、必死になっていくと、思考の幅は狭くなり、被害妄想は増え、現実は苦しさを増していきます。

それでは、毎日が楽しくありません。

気分を変えて、喜びの中に自分を置く練習をしましょう。

そうすることで、表情は豊かになり、発想は広がり、どうしたら喜びにつなげられるかを考えられるようになります。

頑固さは大敵です。

自分で自分の道を閉ざさずに、喜びに繋がるように毎日を過ごしましょう。

恋愛もその先にあります。

コメントを残す