愛は本来、精神力を伴うもの。

人を好きでいるとか、巣でできることもあるけど、困難に思う事件が起こることも。

そんなとき、逃げてしまうのは簡単。

それでも、逃げられずに対応しなければならないとき、立ち向かうには精神力が必要です。

逃げてもいいとき、逃げずに対応してくれると信頼を集めます。

嫌だからやめるが通用するようなことに愛は必要ないでしょう。

自分のための恋愛ごっこ。相手のことを考えて逃げられないことだってたくさんある。

家族に対する愛が、まず思い浮かぶ。

自分しか力になれない状況はたくさんあって、そういうときは怖くてもつらくても、精神力を振り絞って乗り越える。

愛は本来、精神力を伴うもの。

そして、それは自己中心的な、自分のためでなく、相手のために無条件。

家族だからできると言うことはたくさんあるけど、もし、彼や彼女が無条件に支えてくれたらどうだろう?

こんなにありがたいことはない。その思いを受け取った人は、それに応えたいと思うんじゃないだろうか?

ヒマだから恋愛しようとか、一人が嫌だから恋愛する、そんな自己中心的な恋愛をしている人に、本当の愛は訪れない。

まず、人を愛せる自分になる。

そこから広がっていく。