同じような人とばかり出会ってしまう

人間関係で同じような人と出会ってしまう場合、あなたも同類です。

相手はあなたが思っているとおりに変化していきます。

配偶者が父親に似ていくのはその典型ですし、近い関係性の中に同じ問題が何度も現われるのもそのせいです。

 

自分が変化した人たちは、違う人間関係を構築できるようになるので、過去よりもずいぶん楽になるし、自分が好きだと言われる方が多いです。

 

方法はいくつもあります。

 

その一つとして愛されることです。そして、それを受け取ること。

 

人間、知らないことは受け取りにくいです。

最初は、気の迷いでもいいので受け取ること。

 

受け取ることができたら、不安が払拭されたり、戦うことしか知らなかった人が戦わない方法を選び始めます。

 

ひとりぼっちで過ごすときも、心は愛している人と繋がっています。だから、不安がありません。パワフルです。

 

10代の人が、不安だとか寂しいとか言っていると言うことは、まだ、愛されていると感じていないことになります。

 

親からも大抵は愛されています。

※親が不器用というのはあります。

 

自分の周りの人間関係を見ることで、自分の状態を把握することができます。

セラピー等を行うこともありますが、私はクライアントの心はあまり聞きません。

今の状況、現象を追うだけで、手に取るように相手がわかります。

 

それは人間観察だけでも十分相手がわかると言うことです。

 

自分を変えれば世界が変わるというのは、ものの見方を変えることですが、人間関係もあなたの心が作っています。