バランス感覚の欠如

多くの人はこのバランスがおかしいです。

極端と言ってもいいのかもしれない。デジタルだとかはあまり言いたくないのですが、大事にされれば全部大事にされる。

一つ嘘をつかれたら全部が嘘に思えてしまう。

この形が人付き合いに出てくるとちょっと危険ですね。

人って両方あるものだし、付き合ってたり、夫婦だって、線引きはある。

年を取って、それがだんだんわかるものだけど、社会人になったら判って欲しい部分でもある。

 

意外と、若い人、スピリチュアルな人はこの辺がずれてるから、苦しみの中にスグに戻ってしまう。

親しき仲にも礼儀あり

当たり前のことだけど、守るようにしたらいいでしょうね。

彼が甘えさせてくれるからって、全部甘えてちゃ何もならない。

彼が大事にしてくれるからって、あぐらをかいてはダメ。

 

男女が逆でも同じです。

 

お互いにお互いを尊重すれば関係は維持しやすいですが、相手の期待に応えない、相手を尊重しないのでは、関係は崩れていきます。

 

一緒に住んでいるのに寂しいとか、心の交流が破綻してますよね。

特別な何かをして欲しいわけじゃない。気に留めて、話を聞いて欲しい。そういうことは良くあります。

話を聞いても解決できないから聞かないとか、メリットがないからやらないとか、そういうのは人間のつきあいではないです。

自分しか相手に話を聞いてあげられないなら、グッとこらえて話を聞いてあげましょう。

 

そうしたら、相手は満足してくれます。

 

いつか立場が逆転したときに、話を聞いてくれるかも。

やっておかない人は、いざって時、苦しみから抜け出すのに苦労します。

自分のやりたいことだけやってたら、それは子供です。

立場や関係性でやらなければならないこともある。

ちょっと大人になって、日常の中で自分を維持しながら、合わせていく。

その上で喜びに満たされていくようにしてもいいんじゃないかと思います。

 

人間はそれが十分できる生き物です。